美味しい話には裏がある。利回りだけに注目しすぎない

最終更新: 2013年5月10日 22:01

Social Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を Line で送る

現在、マンション投資は人気があるため、投資用マンションをうたう販売業者が多く存在して営業活動にしのぎを削っていますが、中には無知につけ込み、高利回りをうたってそれ程優良でないマンションを売り込んでくる業者も存在します。

高利回りの掘り出し物といえる物件が存在するのは確かですが、とにかく「今買わないと損をしますよ」「即決しないとチャンスがなくなります」などと購入をせかすような業者はよくない傾向がありますので、そのような強引な営業をしてくる場合は注意しましょう。

あせらず、きちんと自分の目で物件を見て確かめる

マンション投資で重要なのはそのマンションで入居者がきちんと見つかるかです。そのために投資する側から見て利回りがいいといった、こちら側だけの都合ではなく、そのマンションを借りて家賃を払ってもいいと思ってくれる方がいるかどうがが重要です。計算上、どんなに利回りがよい物件でも、実際に入居者が入らなければ収入を得ることはできません。

ですので、営業トークにまどわされず、気になる物件は実際に部屋を見に行く、マンション周辺の様子や利便性、周りの住人の感じなど、実際に足を運んでじっくり見てみることがとても大事です。

投資用マンションの販売会社もいくつか回ってみる

大きな投資をするわけですから、1つの物件、1社の業者の話だけを聞いて決めてしまうのは危険です。マンション投資のセミナーや、投資用マンション販売業者による説明会などは数多く開催されています。そういうところに足を運び、色々な話をまずは聞いてみるといいでしょう。また、そのような場所で、自分と同じような歳、お仕事をされている方と知り合いになる可能性もあります。そういう方々と上手に情報交換してみるのもよいかもしれませんね。