欲張りすぎず、まずは小さくはじめましょう

最終更新: 2013年5月10日 22:13

Social Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を Line で送る

マンション投資が比較的リスクが少ない投資とはいえ、ゼロリスクはありえません。投資用マンションを購入して家賃収入が得られると、このマンションを複数持てば、もっと収入も得られるし、いいんじゃないかと思うかもしれませんが、最初から複数の投資用マンションを持とうなどと欲張ってはいけません。もしそれだけのお金の余裕があってもです。

マンション投資は長い目で考えましょう

マンションを購入して、値上がりしたら売るという、キャピタルゲイン目的の投資であれば別ですが、賃料による継続的な収入、インカムゲインが目的となるマンション投資の場合は、長期的にマンションを保有して、長く家賃収入を得ることが重要です。

ですから、1年、2年などという短期間ではなく、10年単位で徐々に育てていくという気持ちが必要です。

複数の物件を所有するメリット

とはいえ、やはり複数の投資用マンションを持つことはメリットも大きいです。例えば、空室リスクに関しても、1つしか部屋を持っていない場合に比べ、複数のマンションを所有していれば、一度に全部の部屋が空室になる可能性は低くなるためリスク分散ができますし、入居者入れ替えの際に手に入る礼金(もちろん最近は礼金0という物件も多いですが)ももらえる回数が増える可能性もあります。

ですから、マンション投資で成功するため、将来的には複数のマンションを所有することを目指すのがよいと思います。ただし、焦らずじっくり増やして行くことです。