専業主婦が夫名義でローンを組んでマンション投資をする場合

最終更新: 2013年5月11日 02:18

Social Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を Line で送る

収入のない、専業主婦の方がマンション投資を始めたい場合、すでに持っている貯金で一括購入する場合を除けば、専業主婦の方名義ではローンが組めないことが気になるかもしれません。

夫に内緒でマンション投資を始めたいという場合を除けば、専業主婦の方がローンを組むのではなく、旦那さんに協力してもらって、安定収入のある夫の名義でローンを組み、実際のマンション経営自体は専業主婦のあなたが行うというのが自然な方法です。

マンション投資の利回りや、メリット、リスクをきちんと夫婦で話し合い、ローンの名義の部分だけ協力してもらいましょう。主婦のあなたが、夫の名義で投資用マンションを購入、ローンを組んで、賃貸借契約をすることについて、特に大きな問題はありません。

旦那さんの副業規定などにも注意

夫名義でローンを組んで投資用マンションを購入した場合、マンション経営で得た所得を確定申告する際は、旦那さんの名義で行うことになります。その場合、旦那さんが公務員などで、副業規定が厳しい場合、実際にマンション経営を行っているのは妻のあなたでも、税務上は旦那さんがマンション経営によって副収入を得たという扱いになりますので、問題が起こる可能性があります。

通常、副業規定で家族のマンション経営まで規制する会社はないとは思いますが、心配な場合は旦那さんにお願いして会社との間で確認をとっておいた方がいいかもしれません。

また、万一、夫婦が離婚されるなどした場合、財産分与などの点で問題が生じる可能性があります。マンション投資は長期にわたる投資ですので、あまり考えたくはないと思いますが、そういった不慮の出来事も念のため想定しておくと安心です。