どれくらいの人が副業しているの?

最終更新: 2013年4月 4日 21:23

Social Button
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を Line で送る

どれくらいの人が副業をしているのでしょうか?

少し古い調査ですが、独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)が2009年に行った「副業者の就労に関する調査」を参考にしてみましょう。

この調査は、楽天リサーチが保有する全国の約136万人(調査実施時点)の登録モニターのうち、モニター登録上の職種が

  • 公務員・団体職員
  • 高校生以下の学生
  • 無職
  • その他

となっている人を除く18歳~64歳の男女、82万5,230人を対象としたインターネット調査で、主にサラリーマン、OLさんを対象にした調査と言えますので、給与所得を得ている方の副業の実態がある程度わかると思います。

副業をしている人の割合は全体の 8.1%

副業をしている人の割合

以外と少ないと思われるかもしれませんが、2009年の時点では副業が1つ、または2つ以上の方が全体に占める割合は 8.1%。9割以上の方は本業のみと言う結果になっています。

副業をしている理由はやはり、収入を増やしたいから

当たり前ですが、副業をしている方にその理由を聞いた場合、1位は「収入を増やしたいから」という答えになりました。

副業をしている理由

本業に支障が出ない範囲であれば、空いた時間を有効に使って収入を少しでも増やしたいと思うのは当たり前のことだと思います。ですから、うまく時間を活用して、副業で賢くお小遣いを稼げたらよいですね。